スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新品雑誌せどり について


 新品雑誌せどり、流行っているんですかね?
最近になって、いろいろなところで見かけます。

 簡単に言うと、新品の雑誌を、書店やコンビニで定価で買って、
Amazonで定価以上で売るという手法。
けど、、、これってせどりでしょうか?

 まあ最近は、良くも悪くも、せどりの知名度が上がったので、
「転売ビジネス」 に 『せどり』 って単語付けとけば注目されるだろう
ってことなのかもしれませんが、私はこの手法を「せどり」だとは思いません。


 新品雑誌せどり は、せどりではなく転売です。

 せどりは宝探しのようなものです。
価値のある商品が安く売られているのを見つけ、それを提供する。

 転売は傲慢な方法です。
場合によっては、自分が入手することで供給を減らし、価値を高めます。



 まあ、ビジネスの手法に貴賎をつける気はありません。

 実際に新品雑誌が定価以上で売れていますので、
そこで需要と供給が釣り合い、定価以上の販売者に感謝をしている購入者もいるでしょう。

 ですが、みなさん。
新品雑誌せどりが、儲かるとか、どうやったら上手くできるかという事の前に、
マナーやモラルの観点からも一度考えてみて下さい。


スポンサーサイト

コメント:

プロフィール
管理人イメージ

 管理人 : キュレイ

1987年生まれで、
岐阜県に現在住んでいます
趣味はアニメ・ゲーム全般

大学2年生の時に大学を中退
様々なアルバイトを経験し、
最終的に販売系の会社に就職
しかし、そこも2ヶ月で退職

今は親と同居しながら
ニート生活をしています。



にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム
当サイトはリンクフリーです

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
お役立ちサイト
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。